コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四重極 シジュウキョク

世界大百科事典 第2版の解説

しじゅうきょく【四重極 quadrupole】

四極子ともいう。大きさが等しく向きが反対の二つの双極子がごく接近して存在する場合をいう。二つの同じ電気双極子を下左のように逆向きにして重ね,一方を平行移動により少しずらすと,次のような電荷分布ができる(図)。これを電気四重極と呼ぶ。四重極は,単独の点電荷および双極子に次いで基本的な電荷分布である。二酸化炭素の分子(O=C=O)は電気四重極の例である。ラグビーボールのような楕円体の内部に電荷が一様につまっているとき,それが外部につくる電場は,1個の点電荷による電場と四重極による電場の重ね合せ(ベクトル和)の形をもつ(それに対し,球状の電荷分布が外部につくる電場は,点電荷による電場と同じである)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四重極
しじゅうきょく

四極子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

四重極の関連キーワード四重極モーメントメスバウアー効果四重極質量分析計Bモード偏光核四重極能率超微細構造四極子共鳴電波分光学多重極放射テンソル力結晶構造質量分析クッシュ多重極変形核重陽子原子核

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android