コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転ポンプ かいてんポンプrotary pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転ポンプ
かいてんポンプ
rotary pump

容積式ポンプの一種。ポンプ作用をする部分が回転運動をし,弁なしでその押しのけ作用により流体を押出す形式のポンプ。回転子には羽根型,歯車型などがあり,ベーンポンプ歯車ポンプねじポンプなどはその例である。一般に構造が簡単で,呼び水の必要がなく,低粘度から高粘度まで広範囲の粘性流体を取扱うことができ,高い吐出し圧力にも耐える利点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

回転ポンプ

 内部の回転子が密閉スペースを作り,液体や気体を移動させてポンプの役目をする.弁が必要なく,吐き出し量が比較的安定であることが特徴.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいてんポンプ【回転ポンプ】

高真空を得るために広く用いられる真空ポンプ。円筒の容器の中心で偏心円柱を回転し、一方の口から入った空気を他方の口から送り出す。一個で水銀柱0.1ミリメートル 程度の真空が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回転ポンプ
かいてんぽんぷ

回転子や歯車類で液体を送り出す形式の容積形ポンプ。回転子の形状、構造によって、ベーンポンプ、歯車ポンプ、ねじポンプなどに分類される。同じ容積形ポンプである往復ポンプと比べて、吸込み弁、吐出し弁が不要であり、構造が比較的簡単で、一般に吐出し量の変動が少ない。固体摩擦部が多いため潤滑性のある液体の圧送に適していること、および比較的低流量、高圧力のポンプとして適していることから油圧ポンプに多く利用されている。そのほか、水、重油、タール、ガソリン、塗料などの輸送に広く用いられている。[池尾 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の回転ポンプの言及

【ポンプ】より

…油圧機器用の高圧プランジャーポンプも同様な原理である。(2)回転ポンプ ケーシング内で特殊な形状をしたローターを回転させる形式のもので,歯車ポンプ,ベーンポンプおよびねじポンプが主要なものである。歯車ポンプは図4に示すように歯車が容器内でかみ合いながら回転し,歯とケーシング壁の間の空間に液体がはさまれ,吸込側から吐出側へ送り出されるものである。…

※「回転ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

回転ポンプの関連キーワードメカニカルブースタタービンポンプW. ゲーデルーツポンプ水銀圧力計真空ポンプ真空放電真空装置高真空ゲーデ容器排気円筒他方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android