コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回避制 かいひせいHuí bì zhì

世界大百科事典 第2版の解説

かいひせい【回避制 Huí bì zhì】

中国の旧法制で,官僚を任用する際,ある条件の地位を避けさせる制度。廻避とも書き,大別して親族回避本籍回避の2種があった。中国では古来から家族制度を重んじ,律においても近親間では互いに犯罪を隠匿することを容認したくらいであるから,こういう制度も自然に発達したのであろう。親族回避とは,親属関係にある者が同一の官庁に奉職できないことをいい,本籍回避とは,主として地方官がその本籍地の官にはつけないことをさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

回避制の関連キーワード幕友令長功曹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android