コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有財産 こゆうざいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固有財産
こゆうざいさん

相続財産に対する相続人の固有財産や,信託財産に対する受託者の固有財産というように,取得した財産が取得者の本来有する財産と区別して管理されるべき場合に,その本来の財産をいう。相続人は自己の固有財産におけると同一の注意をもって相続財産を管理する義務がある (民法 918条1項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こゆう‐ざいさん〔コイウ‐〕【固有財産】

もとからその人のものであった財産。相続譲渡などによって取得した財産と区別する必要のある場合に用いる語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こゆうざいさん【固有財産】

本来有していた財産。相続や信託などによって取得または受託した財産と区別して管理される場合にいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固有財産
こゆうざいさん

もともと自分のものであった財産という意味であるが、相続や譲り受けで他から伝来した財産と区別する必要がある場合に用いられることば。たとえば、相続人が限定承認をすれば、相続財産は相続人の固有財産と分離されて、被相続人の債権者は相続財産の限度でしか弁済を受けられない。また、信託財産は受託者の固有財産とは分離して管理される。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

固有財産の関連キーワード財産分離修道者過失

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android