国家公務員倫理規程(読み)コッカコウムインリンリキテイ

  • こっかこうむいんりんりきてい〔コクカコウムヰン〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧大蔵省の接待汚職などを契機に2000年に施行された。利害関係者からの接待や金品贈与を禁止し、割り勘でも1人1万円超の飲食は事前の届け出が必要になる。利害関係者は許認可や補助金を受ける事業者に加え、各省庁所管の業界企業が幅広く対象になり得る。懲戒処分は免職、停職、減給、戒告の4段階。懲戒に至らない措置に訓告や厳重注意などがある。対象は一般職の国家公務員で、退職した元職員や特別職には適用されない。

(2021-02-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家公務員倫理規程の関連情報