コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国老 コクロウ

デジタル大辞泉の解説

こく‐ろう〔‐ラウ〕【国老】

江戸時代、大名の領地にあって留守をあずかる国(くに)家老。
国に功労のあった老臣。元老。
昔、中国で、辞職ののちも卿大夫(けいたいふ)の待遇を受けた者の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくろう【国老】

江戸時代、大名の領地にいる家老。国くに家老。
国に功績のあった老臣。元老。
中国で、致仕ちししたのちも卿大夫けいたいふの待遇を受けた者の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国老の関連キーワード老人クラブ会員増への取り組み全国社会福祉協議会世界老人給食の日介護保険制度薩藩旧記雑録伊集院忠棟花山院忠雅老人クラブ井川雪下園鎌田 正夫石川 栄一波多兼虎成瀬正肥長岡監物江戸時代永井星渚横山隆平本多政重池田政孝鎌田正夫

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android