コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際コーヒー協定 こくさいコーヒーきょうていInternational Coffee Agreement; ICA

3件 の用語解説(国際コーヒー協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際コーヒー協定
こくさいコーヒーきょうてい
International Coffee Agreement; ICA

コーヒーの国際的な需給調整と価格安定のための国際商品協定。第1次協定は 1962年に成立して 1963年に発効。同時に国際コーヒー機関 ICOが設立された。1985年干魃によりコーヒー価格が急騰したため 1986年2月にいったん停止されたが,1987年10月再導入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国際コーヒー協定【こくさいコーヒーきょうてい】

コーヒーの価格安定と需給調節を目的とする国際商品協定。国連の提唱に基づき生産国,消費国のほとんどが加盟。現行の1983年国際コーヒー協定は1985年発効。輸出数量割当てをめぐって加盟国の利害が対立し,1989年7月効力停止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際コーヒー協定
こくさいこーひーきょうてい
International Coffee Agreement

略称ICA国際市場におけるコーヒーの需給調整と価格の安定を図るための国際商品協定。1957年の中南米コーヒー協定を母体として、59年に輸出国のみによる国際コーヒー協定が結ばれたが、62年にニューヨークにおいて国連コーヒー会議が開催され、輸出国、輸入国双方の参加による「62年協定」が成立した。この協定は、加盟輸出国に対する輸出割当てを中心とするものであるが、加盟輸入国も非加盟国からの輸入を一定量以下に制限し、生産と消費との長期的均衡を維持して取引の安定化を図ろうとするものである。その後、一時的に輸出割当てなどに関する経済条項が削除されることがあったが、「76年協定」で経済条項が復活している。94年に採択された「94年協定」は、輸出割当て制度を採用せず、情報の収集、研究開発、調査の促進を中心としている。
 1999年現在の加盟国は、輸出国45か国、輸入国18か国およびヨーロッパ連合(EU)で、日本は1962年(昭和37)より輸入国として加盟している。なお、同協定に基づいて国際コーヒー機関International Coffee Organization(ICO)が設立されており、国際コーヒー理事会、執行委員会、事務局で構成され、本部はロンドンに置かれている。[入江成雄・横川 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国際コーヒー協定の言及

【国際商品協定】より

…1948年のITO憲章(国際貿易機構憲章,いわゆるハバナ憲章)第6章の〈政府間の商品協定〉にうたわれた精神を生かして,経済的繁栄に必要な通商と原料の確保について輸出,輸入国が平等な条件で歩み寄ることを目的に生まれた各種の国際協定。国際商品協定は需給の枠が国際的な広がりをもち,天候などの要因に左右され価格変動の激しい一次産品価格を輸出,輸入国の一方に偏らないような手段のなかで安定させるのが目的である。…

※「国際コーヒー協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone