コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際捕鯨条約 こくさいほげいじょうやく

大辞林 第三版の解説

こくさいほげいじょうやく【国際捕鯨条約】

正称、国際捕鯨取締条約。クジラ資源の持続可能な有効利用をめざして、1946年に採択された国際条約。1948年に発効。国際捕鯨委員会( IWC )を設立。日本は51年(昭和26)に加入。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際捕鯨条約
こくさいほげいじょうやく
International Convention for the Regulation of Whaling

1937年の国際捕鯨協定を引き継ぎ、鯨資源の有効・適切な保存および増大を図り、捕鯨業に関する国際取締制度を設けるための条約。正式名称は国際捕鯨取締条約。1946年ワシントンで署名され、1948年に発効した。日本については1951年(昭和26)に効力が発生した。この条約は、国際捕鯨委員会、各国の取締措置などを規定し、さらに、保護される種類、漁期、解禁水域、捕獲方法、漁具などを定める。条約の適用水域は捕鯨が行われるすべての水域。また、対象となる大型クジラ類は、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、マッコウクジラ、ザトウクジラ、コククジラ、セミクジラ、コセミクジラ、ホッキョククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、ミンククジラ(クロミンククジラを含む)、キタトックリクジラ、ミナミトックリクジラの13種類である。2014年8月時点の締約国は88か国。[水上千之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国際捕鯨条約の関連キーワード世界の環境問題(年表)白長須鯨国際条約調査捕鯨背美鯨IWA持続

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際捕鯨条約の関連情報