国際証券[株](読み)こくさいしょうけん

百科事典マイペディアの解説

国際証券[株]【こくさいしょうけん】

1948年トヨタ自動車が八千代証券を設立。1981年光亜証券・野村証券投資信託販売と合併し国際証券に改称。株式・債権・投資信託のバランスが良く,特に債権・投資信託部門が強い。バブル破綻の後遺症が比較的軽微。準大手の中で高い収益力を誇る。〈野村の別動隊〉と揶揄されるほど野村証券と親密だったが,独自路線も模索。1999年8月ドイツ銀行との業務提携を発表,また10月には東京三菱銀行と,11月には日本電気とインターネット証券取引システムなどで業務提携を発表。2002年9月から三菱東京フィナンシャル・グループの子会社三菱証券となる。2010年モルガン・スタンレー証券のインベストメントバンキング業務を統合し,商号を三菱UFJモルガン・スタンレー証券に変更。本社東京。2011年資本金405億円,2011年3月期営業収益757億円。
→関連項目野村ホールディングス[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android