土平治騒動(読み)どへいじそうどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土平治騒動
どへいじそうどう

江戸後期、相模(さがみ)国(神奈川県)に起こった打毀(うちこわし)。松平定信(さだのぶ)が老中主座に就任し、寛政(かんせい)の改革が始まってまもない1787年(天明7)12月22日の夜、相州津久井(つくい)郡久保沢(くぼさわ)宿(上川尻(かみかわしり)村)の打毀から、翌年正月6日夜の愛甲(あいこう)郡田代(たしろ)村、半原(はんばら)村の打毀まで、四度にわたって酒造屋の打毀が起こった。飢饉(ききん)に際し不正を働き暴利を得た酒造屋や在方商人たちが打毀されたもので、指導者の名前をとって「土平治騒動」とよばれている。土平治は、津久井郡牧野村篠原(しのばら)組の組頭茂兵衛(もへえ)の倅(せがれ)で、本名は専蔵といったが、「民を平に治める」という意で、打毀以前の村方騒動のころからこの名を使用していた。実際に土平治が指導したのは、12月28日夜の津久井郡日連(ひづれ)村勝瀬の酒造屋惣兵衛(そうべえ)の打毀からであった。この打毀は、土平治が「落文」をし、上郷(かみごう)の人々を結集して決行したという。そして、翌正月4日には、一夜にして三か村(青山村、中野村川和(かわわ)、鳥屋(とや)村)五軒の酒造屋が打毀され、続く正月6日の田代村、半原村の酒造屋打毀をもって終息した。この騒動では、土平治、伴蔵こと重郎兵衛(津久井郡青野原村)、利左衛門(同村)の3人が死罪となった。その犠牲と引き換えに、幕府に買占め、酒造隠し造り禁止令を出さしめ、寛政の改革時の物価政策に大きな影響を与えた。[川鍋定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土平治騒動の言及

【相模国(相摸国)】より

…騒動は古くは小田原藩の万治総検に反対し処刑された下田隼人一件があるが,天明,天保飢饉時の騒動が大きい。1787年津久井郡,愛甲郡北部におきた米価高騰による酒屋打毀は土平治騒動といわれ,参加人数1万人とも記され,国内では最も大きなものであった。首謀者土平治は処刑前に死亡したが,その墓碑が現存する。…

※「土平治騒動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android