上郷(読み)かみさと

世界大百科事典 第2版の解説

かみさと【上郷】

長野県南部,下伊那郡の旧町。1993年飯田市へ編入。伊那盆地南部,天竜川中流西岸に位置する。近世は飯田藩領で,天竜川支流の松川以北を占める上郷(かみごう)の中心地であった。町域は南北に長く伸び,北半分は山地であるが,南半分は天竜川の段丘と川沿いの低地からなる。かつては米作と養蚕を中心とする純農村であったが,近年は飯田市のベッドタウン化が進み,人口も増加している。中央自動車道飯田インターチェンジに近く,JR飯田線,国道153号線沿線には自動車関連産業などの工場進出がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上郷の関連情報