コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷行 たにこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷行
たにこう

能の曲名。五番目物。作者未詳。少年松若 (子方) は,母の病気平癒を祈るため,師匠の阿闍梨 (ワキ) 一行の峰入り修行に加わり,母 (前シテ) の見送りを受けて出発する (中入り) が,葛城山で病気になる。山伏たち (ワキツレ) から谷行 (峰入りの途次発病した者を谷へ落し生埋めにする修験道の掟) の実行を迫られ,師匠もやむなく同意し,谷行が行われる。夜が明けて出発の時刻となるが,師匠は悲しみに沈み,自分も谷行に処してくれと言う。同情した山伏たちが蘇生の祈りをすると,役行者 (ツレ) が現れ,伎楽鬼神 (後シテ) を呼出して松若を助け出す。ワキが主役格となり,ワキツレも多数出演するため,上演の機会が少い。ドイツの劇作家 B.ブレヒトの教育劇『イエスマン』『ノーマン』はこの能の翻案である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たに‐こう〔‐カウ〕【谷行】

修験者峰入りのとき、同行者の中に生じた病人を、掟(おきて)によって谷間へ突き落として行ったこと。

たにこう【谷行】[謡曲]

謡曲。四番目五番目物。山伏の帥(そつ)の阿闍梨(あじゃり)一行とともに峰入りした松若は、途中風邪にかかって谷行に処せられるが、山伏たちの祈祷(きとう)により伎楽鬼神が現れて蘇生させる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たにこう【谷行】

能の曲名。四・五番目物。作者不明。前ジテ(宝生流ではツレ)は松若の母。後ジテは伎楽鬼神(ぎがくきじん)。都,東山の山伏(ワキ)が弟子の松若という少年(子方)の家を尋ねると,松若は,母(前ジテまたはツレ)の病気平癒を祈るため,師の山伏一行の峰入りに加わりたいと願い,母の見送りを受けて家を出る。葛城(かつらぎ)山の山室で松若は病気になる。修行の途中で重病になった者は,谷行といって,谷へ投げ落として命を絶つのが山伏の法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たにこう【谷行】

修験者が峰入りの時、同行中の病人を掟によって谷間へ突き落として行ったこと。

たにこう【谷行】

能の一。四番目・五番目物。伝金春禅竹こんぱるぜんちく作。大和国葛城山へ峰入りした帥そつの阿闍梨あじやりは病を得た愛童松若を掟によって谷行に処すが、役えんの行者に祈ると、鬼神が蘇生した松若を伴って現れる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷行
たにこう

能の曲目。四、五番目物。五流現行曲。作者は金春禅竹(こんぱるぜんちく)とも。母(前シテ)を説得した松若(子方)は、師匠の帥(そつ)の阿闍梨(あじゃり)(ワキ)に従って峰入り修行に参加する。病気になった少年は山伏の定め「谷行」に従って谷底へ投げ込まれ、殺されてしまう。わが身も同じにと嘆く阿闍梨に山伏たち(ワキツレ)は同情し、松若の蘇生(そせい)を役行者(えんのぎょうじゃ)に祈る。すると伎楽(ぎがく)鬼神(後シテ)が現れて、松若を掘り返して生き返らせる。師弟愛を軸にした奇跡劇であり、ワキの重い習いの能である。役行者を舞台に出す演出もある。ドイツの劇作家ブレヒトにこの能にヒントを得た作品がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

谷行の関連キーワードストーン(John Richard Nicholas Stone)ポスト・モダニズム梅若玄祥(2世)能現行曲一覧田中 小実昌やわらやわらニューアカ冥王まさ子蓮實重彦岩井克人永山則夫増田正造柄谷行人阿部和重朴 裕河批評文学小癋見浅田彰善哉群像

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷行の関連情報