コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土気城 とけじょう

1件 の用語解説(土気城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

とけじょう【土気城】

千葉県千葉市緑区にあった城。奈良時代の神亀年間(724~29年)に大野東人によって築かれたと伝えられている。室町時代に、この地域を支配下に収めた千葉氏の城となり、のちに、千葉氏支流の土気氏が地頭として土気城を居城とした。室町時代後期、土気城は大関城の畠山重康の傘下に入ったが、1487年(長享1)、中野城の酒井定隆が奪い、以降、滅亡するまでの100年間、酒井氏の一族が城主をつとめた。この一族は土気酒井氏と呼ばれる。1564年(永禄7)の第二次国府台合戦で、土気酒井氏は当初、北条方に属していたが、里見氏に寝返り、稲毛海岸で敗走する里見勢を守ったといわれる。このため、土気城は東金酒井氏(土気酒井氏の支流)ら北条氏方の勢力に攻められ激戦となったが、これを守った。しかし、その後、土気酒井氏は北条氏に下った。このため、1590年(天正18)の小田原の役では、城主の酒井康治は北条方の武将として小田原城神奈川県小田原市)に籠城し、北条氏と運命をともにした。北条氏の滅亡後、土気城は降伏・開城したが、その後間もなく廃城となった。現在、城跡は開発が進み原型を失った二の丸と出丸を除き、他の城域は比較的良好な状態で郭や土塁、空堀が残っている。また、第二次国府台合戦の際、激戦が繰り広げられた「クラン坂」と呼ばれる、本丸・二の丸に至る切り通しも残っている。JR外房線土気駅から徒歩約10分。◇貴船城、金城とも呼ばれる。

出典|講談社
日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone