コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井定隆 さかい さだたか

1件 の用語解説(酒井定隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井定隆 さかい-さだたか

1435-1522 室町-戦国時代の武将。
永享7年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)土気(とけ)城主。足利成氏につかえたのち文明年間に安房(あわ)(千葉県)の里見義実(よしざね)のもとに身をよせ,土気城を本拠とする。大永(たいえい)元年長男定治(さだはる)に城をゆずり,東金(とうがね)城にうつった。日泰(にったい)に帰依(きえ)して本寿寺を建立し,領内を日蓮宗一宗に統一した(七里法華)。大永2年4月24日死去。88歳。通称は小太郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井定隆の関連キーワード奥羽本線秋田新幹線蔭涼軒日録広軌アラスの和約新幹線山形新幹線窪田統泰中国演劇Nゲージ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone