コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井定隆 さかい さだたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井定隆 さかい-さだたか

1435-1522 室町-戦国時代の武将。
永享7年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)土気(とけ)城主。足利成氏につかえたのち文明年間に安房(あわ)(千葉県)の里見義実(よしざね)のもとに身をよせ,土気城を本拠とする。大永(たいえい)元年長男定治(さだはる)に城をゆずり,東金(とうがね)城にうつった。日泰(にったい)に帰依(きえ)して本寿寺を建立し,領内を日蓮宗一宗に統一した(七里法華)。大永2年4月24日死去。88歳。通称は小太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井定隆の関連キーワード酒井隆敏戦国時代酒井定治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android