コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土湯[温泉] つちゆ

2件 の用語解説(土湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

土湯[温泉]【つちゆ】

福島県福島市,吾妻小富士南東麓の温泉。単純泉。50〜80℃。荒川の谷沿いに温泉街があり,付近に男沼・女沼,思ノ滝がある。16世紀には湯銭の徴収があり,湯小屋・湯守が置かれていた。
→関連項目福島[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つちゆ【土湯[温泉]】

福島県福島市にある温泉。福島市街地から南西へ約15km,吾妻小富士の南東麓,阿武隈川の支流荒川の渓谷底に位置する。源泉によって異なるが,泉質は単純泉,炭酸鉄泉,硫化水素泉など,泉温は72~98℃。近世以来,会津方面と福島盆地を結ぶ街道(現,国道115号線)が越える土湯峠の峠下にある湯治場として利用されていた。1964年の大火を契機に近代的な温泉街となり,北方を通る磐梯吾妻スカイラインの開通(1959)により発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土湯[温泉]の関連キーワード飯坂温泉信夫福島市福島県立医科大学福島大学つちゆ蓬莱団地テレビユー福島福島民報社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone