コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田耕平 つちだ こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田耕平 つちだ-こうへい

1895-1940 大正-昭和時代前期の歌人,童話作家。
明治28年6月10日生まれ。島木赤彦に師事して「アララギ」に参加。病気療養後の大正10年から文学活動を再開,歌集「青杉」「斑雪(はだれ)」などを発表。童話集に「鹿の眼」「原っぱ」など。昭和15年8月12日死去。46歳。長野県出身。東京中学卒。
格言など】杉の穂の高きを見れば月澄める空をわたりてゆく風のあり(「青杉」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土田耕平
つちだこうへい
(1895―1940)

歌人。長野県上諏訪(かみすわ)生まれ。諏訪中学を中退、小学校教員をし、島木赤彦に師事して短歌をつくり始めた。のち上京、『アララギ』編集に従い、病んで伊豆大島に居住、第一歌集『青杉(あおすぎ)』(1922)により純粋清澄な歌風が注目された。その後、病のため各地を転々し、長野県伊那(いな)の仮寓(かぐう)で生涯を終えた。『斑雪(はだれ)』『一塊(いっかい)』の歌集のほか『鹿の眼』などの童話集、また『土田耕平遺稿』三巻(1942)がある。[近藤芳美]
 桜葉の散る日となればさわやかに海の向山(むかやま)見えわたるなり
『『青杉』復刻版(1974・謙光社) ▽『土田耕平著作集』全四巻(1985~86・謙光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土田耕平の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)6月10日国富 亭知土田 耕平藤沢古実島木赤彦国富亭知近藤芳美

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土田耕平の関連情報