コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田耕平 つちだ こうへい

2件 の用語解説(土田耕平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田耕平 つちだ-こうへい

1895-1940 大正-昭和時代前期の歌人,童話作家。
明治28年6月10日生まれ。島木赤彦に師事して「アララギ」に参加。病気療養後の大正10年から文学活動を再開,歌集「青杉」「斑雪(はだれ)」などを発表。童話集に「鹿の眼」「原っぱ」など。昭和15年8月12日死去。46歳。長野県出身。東京中学卒。
【格言など】杉の穂の高きを見れば月澄める空をわたりてゆく風のあり(「青杉」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土田耕平
つちだこうへい
(1895―1940)

歌人。長野県上諏訪(かみすわ)生まれ。諏訪中学を中退、小学校教員をし、島木赤彦に師事して短歌をつくり始めた。のち上京、『アララギ』編集に従い、病んで伊豆大島に居住、第一歌集『青杉(あおすぎ)』(1922)により純粋清澄な歌風が注目された。その後、病のため各地を転々し、長野県伊那(いな)の仮寓(かぐう)で生涯を終えた。『斑雪(はだれ)』『一塊(いっかい)』の歌集のほか『鹿の眼』などの童話集、また『土田耕平遺稿』三巻(1942)がある。[近藤芳美]
 桜葉の散る日となればさわやかに海の向山(むかやま)見えわたるなり
『『青杉』復刻版(1974・謙光社) ▽『土田耕平著作集』全四巻(1985~86・謙光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土田耕平の関連キーワード近江谷友治熊沢一衛小門専治小森宮章正杉山幹玉井是博富岡冬野馬場愿治菱野貞次和田信夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone