コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土蜂 ツチバチ

デジタル大辞泉の解説

つち‐ばち【土蜂】

膜翅(まくし)目ツチバチ科の昆虫の総称。体は大形で黒色、腹部は長く大きく、金色の毛が密生し、横縞のあるものが多い。雌は、地中に潜むコガネムシ幼虫に卵を産みつける。 春》
クロスズメバチの俗称。じばち。

ゆする‐ばち【土蜂】

アナバチの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つちばち【土蜂】

ツチバチ科のハチの総称。体長2~5センチメートル。頭部は小さく、腹部は長い。全体に黒色で黄色または赤色の横縞がある。地中のコガネムシの幼虫に卵を産みつけ、孵化後寄生する。 [季] 春。

どほう【土蜂】

アナバチ、またジガバチのこと。

ゆするばち【土蜂】

穴蜂あなばちの古名。 〔和名抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

土蜂 (ツチバチ)

動物。ツチバチ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

土蜂の関連キーワードコロコトロニスジガバチ動物赤色ハチ頭部地中横縞体長黒色腹部