コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大前/大前駆 オオサキ

デジタル大辞泉の解説

おお‐さき〔おほ‐〕【大前/大前駆】

先払いの声を長く引くこと。
「殿上人のは短ければ、―小前(こさき)とつけて聞きさわぐ」〈・七八〉

おお‐まえ〔おほまへ〕【大前】

神や天皇の前を敬っていう語。みまえ。
「天照大御神の―に白(まを)さく」〈祝詞・祈年祭〉
数人で弓を射るとき、最初に射る射手。
「総射手の前に射る故―と云ふは」〈貞丈雑記・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおさき【大前】

さきばらいの者が、先を追う声を長く引くこと。 「上達部の前駆さきども殿上人のはみじかければ-こさきとつけて聞きさわぐ/枕草子 78」 → 小前こさき

おおまえ【大前】

神または天皇の御前。 「誰ぞ、-に奏す/古事記
射芸で、最初に出て試射する人。
江戸時代、村役人になることのできる上層の本百姓。また、地主層をいう場合もある。 ↔ 小前

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大前/大前駆の関連キーワードオープン・イノベーションヘンリ フランクフォート緋牡丹博徒 二代目襲名ビジネスブレークスルー川崎・三菱造船所争議イギリス労働組合会議いちき串木野(市)アマゾンボンバー栃木県真岡市東郷プリンセス金魚オズボーン判決足利工業大学マハティールマクルーハン住吉仲皇子青木彦三郎木梨軽皇子大前美穂子大前孝太郎2月21日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android