コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方住宅供給公社 ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃ

3件 の用語解説(地方住宅供給公社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方住宅供給公社
ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃ

地方住宅供給公社法 (昭和 40年法律 124号) に基づき,地方公共団体の出資によって設立される法人。住宅不足の著しい地域で,住宅を必要とする勤労者の資金を受け入れて,その他の資金と合せて活用し,これらの者に居住環境の良好な集団住宅とその用に供する宅地を供給し,住民の生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちほうじゅうたくきょうきゅう‐こうしゃ〔チハウヂユウタクキヨウキフ‐〕【地方住宅供給公社】

住宅の不足の著しい地域において、居住環境の良好な住宅および宅地を供給するための法人。地方住宅供給公社法に基づき、都道府県や政令で指定する人口50万以上の市において地方公共団体の出資により設立される。住宅供給公社。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃ【地方住宅供給公社】

住宅を必要とする勤労者に、居住環境の良好な住宅や宅地を有利な条件で供給することを目的とする特殊法人。都道府県および人口50万人以上の政令指定都市が設立団体となり、賃貸住宅分譲住宅・分譲宅地の供給、公共施設の充実、市街地再開発などの都市整備を行う。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方住宅供給公社の関連キーワード住宅供給公社住宅金融公庫建売り住宅地方道路公社法地方三公社地方住宅供給公社法住宅供給公社巨額横領事件蓬莱団地ニュータウン(NT)公社・公団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone