コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄のダンテとウェルギリウス

デジタル大辞泉プラスの解説

地獄のダンテとウェルギリウス

フランス、ロマン主義の画家ウジューヌ・ドラクロワの絵画(1822)。原題《Dante et Virgile aux enfers》。ダンテの『神曲』の地獄編を題材とし、小舟に乗ったダンテとウェルギリウスが地獄の湖を渡っていく場面を劇的に描いたもの。ドラクロワ初期の傑作として知られ、同作によりサロンに初入選した。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

地獄のダンテとウェルギリウスの関連キーワードダンテの小舟ドラクロア

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android