地獄のダンテとウェルギリウス

  • じごくのダンテとウェルギリウス〔ヂゴクのと〕

デジタル大辞泉プラスの解説

フランス、ロマン主義の画家ウジューヌ・ドラクロワ絵画(1822)。原題《Dante et Virgile aux enfers》。ダンテの『神曲』の地獄編を題材とし、小舟に乗ったダンテとウェルギリウスが地獄の湖を渡っていく場面を劇的に描いたもの。ドラクロワ初期の傑作として知られ、同作によりサロンに初入選した。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

《原題、〈フランス〉Dante et Virgile aux enfersドラクロワの絵画。カンバスに油彩ダンテの「神曲」の地獄編を題材とし、小舟に乗ったダンテとウェルギリウスが地獄の湖を渡っていく場面を劇的に描いたもの。同作によりサロンに初入選し、初期の代表作として知られる。パリ、ルーブル美術館所蔵。ダンテの小舟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android