コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本遼 さかもと りょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本遼 さかもと-りょう

1904-1970 昭和時代の詩人。
明治37年9月1日生まれ。草野心平の「銅鑼(どら)」同人。昭和2年郷里兵庫県の方言による農民詩集「たんぽぽ」を刊行。戦後は,竹中郁(いく)らと児童詩運動をすすめ,雑誌「きりん」を主宰。昭和45年5月27日死去。65歳。関西学院卒。著作に「こどもの綴方(つづりかた)・詩」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本遼
さかもとりょう
(1904―1970)

詩人。兵庫県生まれ。関西(かんせい)学院大学英文科卒業。草野心平の勧めで『銅鑼(どら)』同人となる。1927年(昭和2)の『たんぽぽ』は、生地の方言を用いた優れた農民詩の詩集。第二次世界大戦後、竹中郁(いく)らと関西を中心に児童自由詩の運動を推し進め、『きりん』を主宰。『こどもの綴方(つづりかた)・詩』(1953)に実践の成果がうかがわれる。小説集『百姓の話』(1927)などもある。[高橋世織]
『『坂本遼作品集』全1巻(1981・駒込書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

坂本遼の関連キーワード坂本 遼昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android