コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本遼 さかもと りょう

2件 の用語解説(坂本遼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本遼 さかもと-りょう

1904-1970 昭和時代の詩人。
明治37年9月1日生まれ。草野心平の「銅鑼(どら)」同人。昭和2年郷里兵庫県の方言による農民詩集「たんぽぽ」を刊行。戦後は,竹中郁(いく)らと児童詩運動をすすめ,雑誌「きりん」を主宰。昭和45年5月27日死去。65歳。関西学院卒。著作に「こどもの綴方(つづりかた)・詩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本遼
さかもとりょう
(1904―1970)

詩人。兵庫県生まれ。関西(かんせい)学院大学英文科卒業。草野心平の勧めで『銅鑼(どら)』同人となる。1927年(昭和2)の『たんぽぽ』は、生地の方言を用いた優れた農民詩の詩集。第二次世界大戦後、竹中郁(いく)らと関西を中心に児童自由詩の運動を推し進め、『きりん』を主宰。『こどもの綴方(つづりかた)・詩』(1953)に実践の成果がうかがわれる。小説集『百姓の話』(1927)などもある。[高橋世織]
『『坂本遼作品集』全1巻(1981・駒込書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂本遼の関連キーワード秋山清青柳優岡田刀水士菊岡久利木村好子国木田虎雄近藤東滝口武士三野混沌山崎正一(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone