コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹中郁 たけなかいく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹中郁
たけなかいく

[生]1904.4.1. 神戸
[没]1982.3.7. 神戸
詩人。本名,育三郎。関西学院大学英文科卒業。学院在学中に詩集『黄蜂と花粉』 (1926) ,『枝の祝日』 (28) を発表し,渡欧。『詩と詩論』運動に参加して詩集象牙海岸』 (32) を出版。詩誌『羅針』『新領土』『四季』の有力メンバーとなり,『署名』 (36) ,『龍骨』 (44) などの詩集を出版,第2次世界大戦後は『動物磁気』 (48) に人生的な苦渋をうたった。後半生児童文学に捧げる決意で 1948年児童詩雑誌『きりん』を発刊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹中郁 たけなか-いく

1904-1982 大正-昭和時代の詩人。
明治37年4月1日生まれ。大正15年詩集「黄蜂と花粉」を出版,昭和3年渡欧し,海外から「詩と詩論」に寄稿。帰国後「象牙海岸」を刊行,新詩精神運動の成果として注目される。「四季」同人。戦後は児童詩誌「きりん」を主宰。昭和57年3月7日死去。77歳。兵庫県出身。関西学院卒。本名は育三郎。詩集に「動物磁気」など。
【格言など】澄んだ鏡の中からは秋がしずかに生れてくる(「晩夏」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹中郁
たけなかいく
(1904―1982)

詩人。本名育三郎。神戸市生まれ。関西(かんせい)学院大学英文科に学ぶ。1924年(大正13)『日本詩人』(新詩人号)で詩壇に登場。海港詩人倶楽部(くらぶ)を結成。詩誌『羅針』を編集。『詩と音楽』『近代風景』で活躍。28年(昭和3)渡欧。2年間に及ぶパリ生活でモダニズムの美と思想を満喫し、とくにJ・コクトーやM・レイと芸術的交遊を結ぶ。『詩と詩論』にシネ・ポエムを発表し衝撃を与える。昭和詩史の詩的青春を飾る、エスプリ・ヌーボーの記念碑的詩集『象牙(ぞうげ)海岸』(1932)を刊行。『ドノゴトンカ』『詩法』『四季』に参加。第二次世界大戦中は、『中等学生のための朗読詩集』(1942・湯川弘文(こうぶん)社)や『新詩叢書(そうしょ)』(全17巻・同社)を企画し、詩の危機を乗り越えた。戦後は、児童文学誌『きりん』を指導するなど、詩の社会化を志向。『ポルカ マズムカ』(1979)で読売文学賞を受ける。[千葉宣一]
『『竹中郁全詩集』全一巻(1983・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竹中郁の関連キーワード子ども闘牛士坂本 遼足立巻一村野四郎4月1日竹中 郁坂本遼渡欧詩論

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹中郁の関連情報