坂東国五郎(初代)(読み)ばんどう くにごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東国五郎(初代) ばんどう-くにごろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
2代坂東又九郎の娘婿坂東岩五郎の兄。おもに旅芝居で修業し,寛保(かんぽう)3年(1743)京都にいき,敵役をつとめる。寛延2年(1749)大坂中村十蔵座の「風流御所桜」の番場忠太で好評を博し,大坂敵役の首位となる。明和の中ごろまでに死去したとされる。大坂出身。屋号は阿波屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android