コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東国五郎(初代) ばんどう くにごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東国五郎(初代) ばんどう-くにごろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
2代坂東又九郎の娘婿坂東岩五郎の兄。おもに旅芝居で修業し,寛保(かんぽう)3年(1743)京都にいき,敵役をつとめる。寛延2年(1749)大坂中村十蔵座の「風流御所桜」の番場忠太で好評を博し,大坂敵役の首位となる。明和の中ごろまでに死去したとされる。大坂出身。屋号は阿波屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂東国五郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android