コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直的マーケティング・システム vertical marketing system

ブランド用語集の解説

垂直的マーケティング・システム

垂直的マーケティング・システムとは所有契約関係、有力構成員のリーダーシップなどに基づき生産者卸売業者、小売業者が統合されたシステムとして働く流通チャネルのことをいう。他のチャネル構成員との間で利害を調整する機能を持ち、全体最適を図るために行動する。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂直的マーケティング・システム
すいちょくてきマーケティング・システム
vertical marketing system; VMS

あるリーダーの意思の下に,製品の生産から顧客に至るマーケティングの諸活動を統合化し,調整し,同期化することを通じて,技術・経営管理・販売促進面で経済性を実現することを目指した私的システム。リーダーは,メーカー,卸売業者,小売業者いずれであってもよい。 VMSには3つの組織形態がある。 (1) 同一企業内で製造から卸売・小売までの諸活動が統合された企業システム (垂直統合) 。 (2) ボランタリー・チェーンやフランチャイズ・チェーンなどの契約システム。 (3) チャネル・リーダーによって製品の流通過程を資本や契約によらず管理する管理システムがある。自然発生的な通常の製品流通のやり方と区別される点は,(1) 明確な流通チャネル・リーダーが存在する,(2) システム構成員はチャネル・リーダーによって選択され,調整されている。その結果,(1) 製品流通に必要な諸機能の重複が小さくなり,(2) 流通諸活動の調整が容易になり,システムが合理化・効率化し,(3) システム全体の利害が優先するために投資が必要な,大規模な流通技術体系をシステムの中に採り入れることができるというメリットがある。メーカーあるいは小売・卸売業者を問わず,最近の情報技術の進展に伴い,情報システム化を基盤として一層 VMSが強化・発展する傾向がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

垂直的マーケティング・システムの関連キーワード企業型VMS契約型VMS流通経路

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android