四百四病(読み)しひゃくしびょう

四字熟語を知る辞典「四百四病」の解説

四百四病

人間がかかる一切の病気の総称。数え方には種々のがあるが、人間の体を構成する地・水・火・風の四つの元素の不調により、一々の元素に百一のがおこり、合わせて四百四と数えるものが代表的。

[使用例] ブライトンの海水に飛び込めば四百四病即席全快と[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] 四百四病の病より、貧よりつらいものはないと、うちのおっかさんが口癖に言います[林芙美子*放浪記 第三部|1949]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「四百四病」の解説

四百四病
しひゃくしびょう

仏教における人間の病気の総称。人間の体は、地・水・火・風の四大(四つの要素)よりなるものであり、この四大が不調であると四大おのおのに101の病が生ずるという。すなわち、風大(ふうだい)が動いておこる風病に101あり、地大(ちだい)が増しておこる黄病に101あり、火大が盛んとなっておこる熱病に101あり、水大が積もっておこる痰病(たんびょう)に101あり、つごう四百四病となる。

[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「四百四病」の解説

しひゃくし‐びょう ‥ビャウ【四百四病】

〘名〙 人間がかかる一切の病気の総称。数え方には種々の説があるが、人間の体を構成する地・水・火・風の四つの元素の不調により、一々の元素に百一の病がおこり、合わせて四百四と数えるものが代表的。
※往生要集(984‐985)大文一「堕此中、具四百四病〈風黄冷雑各有百一病合有四百四〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四百四病」の解説

しひゃくし‐びょう〔‐ビヤウ〕【四百四病】

仏語。人間がかかる一切の病気。人間のからだは地・水・火・風の四大(しだい)が調和してできており、その調和が破れると、四大のそれぞれに百一病が起こり、合わせて四百四病と数えるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「四百四病」の解説

しひゃくしびょう【四百四病】

人間の病気はすべて合わせて404あるとする説。人間の肉体四大によって構成されているので,構成要素の調和が失われると病気が起こり,おのおのの要素について101ずつの病があるとする。すなわち,地大が増すことによって黄病(おうびよう)が起こり,水大が積もることによって痰病(たんびよう)が,火大が盛んになることによって熱病が,風大の動きが激しくなることによって風病が起こるのである。これら404病のうち,風大,水大によって起こる202病を冷病に,地大,火大による202病を熱病に2大別することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android