コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴生の宿 ハニュウノヤド

6件 の用語解説(埴生の宿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はにゅう‐の‐やど〔はにふ‐〕【×生の宿】

みすぼらしい家。埴生の小屋
[補説]曲名別項。→埴生の宿

はにゅうのやど【埴生の宿】[曲名]

《原題Home, Sweet Home》英国の作曲家ビショップの曲。日本では明治時代から唱歌として歌われてきた。訳詞は里見義(さとみただし)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

埴生(はにゅう)の宿

日本の唱歌の題名。作曲:ヘンリーローリー・ビショップ、訳詞:里見義。原曲の発表年は1823年。里見版の発表年は1889年。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はにゅうのやど【埴生の宿】

貧しい小さな家。埴生の小屋。
唱歌名(別項参照)。

はにゅうのやど【埴生の宿】

唱歌。イギリスの作曲家ビショップ(Henry Rowley Bishop1786~1855)作曲。日本には1889年(明治22)紹介。里見義の訳詞。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埴生の宿
はにゅうのやど

原題は「楽しきわが家」Home, Sweet Homeで、イギリスの作曲家ビショップ(1786―1855)の代表作。1820年にシチリア風のリズムで作曲した旋律を、23年ロンドン初演のオペラ『クラリ、またはミラノのおとめ』のなかで現在の形に変えたもの。作詞J・W・ペーン。この郷愁に満ちた旋律は「埴生の宿はわが宿……」(貧しい小屋に住んでいるが、自然の美しさがわが家を飾っている)の歌詞を付してわが国の小学校唱歌に取り入れられ、広く親しまれるところとなった。1889年(明治22)の『中等唱歌集』に収められ、訳詞は里見義(ただし)である。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埴生の宿の関連キーワードつむじ風とんび野菊アニーローリーうさぎ歌の町大きな古時計グリーングリーン波をこえてへんな家!

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埴生の宿の関連情報