コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴生 はぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埴生
はぶ

山口県南西部,山陽小野田市周防灘に臨む旧町域。 1956年厚狭町と合体して山陽町となり,2005年小野田市と合体して山陽小野田市となった。古代山陽大路の埴生駅家の所在地。背後は厚狭丘陵が続き,古くから漁港としても開けた。国道2号線沿いの農漁村で,小型底引網の漁業も行なわれるが,近年工業団地が造成され企業の進出が目立つ。祇園社に奉納される埴生芝居は有名。 JR山陽本線埴生駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はにゅう〔はにふ〕【×生】

のある土地。また、埴土
「草枕旅行く君と知らませば岸の―ににほはさましを」〈・六九〉
埴生の小屋」の略。
「旅の空なれぬ―の夜の床(とこ)わびしきまでにもる時雨かな」〈金槐集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はにゅう【埴生】

はにのある土地。また、埴のこと。 「岸の-ににほはさましを/万葉集 69
「埴生の小屋」の略。 「旅の空馴れぬ-の夜の床/金槐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埴生
はぶ

山口県南西部、山陽小野田市の一地区。旧埴生町は、1956年(昭和31)厚狭(あさ)町と合併して山陽町となり、さらに山陽町は2005年(平成17)小野田市と合併して山陽小野田市となった。古代山陽道の埴生駅家(うまや)の地。近世の土生浦(はぶうら)は廻船(かいせん)、漁船100隻余をもつ港町、市場町であった。現在はノリ養殖など浅海漁業が盛ん。国道2号が通じ、山陽自動車道埴生インターチェンジ、JR山陽本線埴生駅がある。駅の近くに山陽オートレース場がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

埴生の関連キーワードビショップ(Sir Henry Rowly Bishop)大阪府羽曳野市はびきの千葉県立長生高等学校富山県小矢部市埴生大阪府藤井寺市青山大阪府羽曳野市伊賀土谷一光(初代)山陽(山口県)香宗我部和親神崎孫右衛門太田伝右衛門大伴部麻与佐太田佐次兵衛山陽[町]柏原文太郎大河平兵衛市川団十郎糸若 柳子渡辺辰五郎更埴[市]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埴生の関連情報