コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴生 はぶ

4件 の用語解説(埴生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埴生
はぶ

山口県南西部,山陽小野田市周防灘に臨む旧町域。 1956年厚狭町と合体して山陽町となり,2005年小野田市と合体して山陽小野田市となった。古代山陽大路の埴生駅家の所在地。背後は厚狭丘陵が続き,古くから漁港としても開けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はにゅう〔はにふ〕【×生】

のある土地。また、埴土。
「草枕旅行く君と知らませば岸の―ににほはさましを」〈・六九〉
埴生の小屋」の略。
「旅の空なれぬ―の夜の床(とこ)わびしきまでにもる時雨かな」〈金槐集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はにゅう【埴生】

はにのある土地。また、埴のこと。 「岸の-ににほはさましを/万葉集 69
「埴生の小屋」の略。 「旅の空馴れぬ-の夜の床/金槐

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埴生
はぶ

山口県南西部、山陽小野田市の一地区。旧埴生町は、1956年(昭和31)厚狭(あさ)町と合併して山陽町となり、さらに山陽町は2005年(平成17)小野田市と合併して山陽小野田市となった。古代山陽道の埴生駅家(うまや)の地。近世の土生浦(はぶうら)は廻船(かいせん)、漁船100隻余をもつ港町、市場町であった。現在はノリ養殖など浅海漁業が盛ん。国道2号が通じ、山陽自動車道埴生インターチェンジ、JR山陽本線埴生駅がある。駅の近くに山陽オートレース場がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埴生の関連キーワード森将軍塚古墳松柏チェリー花菱埴・粘土埴物有明山将軍塚古墳倉科将軍塚古墳土口将軍塚古墳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埴生の関連情報