コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準電極 キジュンデンキョク

デジタル大辞泉の解説

きじゅん‐でんきょく【基準電極】

ある電極の電極電位を測定するために用いられる電極。電極電位の絶対値の測定は原理的に不可能なため、基準となる電極と組み合わせて電池をつくり、その起電力から電極電位を求める。電位が安定で再現性が高い水素電極カロメル電極が使われる。参照電極照合電極基準半電池

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きじゅんでんきょく【基準電極 reference electrode】

電池を構成している電極や電気分解がおこっている電極の電極電位を測るために,問題の電極と組み合わせて電極電位測定用の電池回路を作るのに用いる電極で,電極電位の相対値を測るときの電位の基準になる。照合電極,参照電極ともいう。基準電極の電極電位は安定性と再現性が良くなければならない。水素電極甘汞電極(かんこうでんきよく),銀‐塩化銀電極などが代表的な例である。【玉虫 伶太】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

基準電極の関連キーワードイオン選択性電極イオン選択電極電位差滴定法標準電極脳波

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android