コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素電極 すいそでんきょくhydrogen electrode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素電極
すいそでんきょく
hydrogen electrode

気体電極の1種。図の構造をもち,ガラス管より導入された水素ガスは下部の穴から吹出す。不活性の電極として白金黒をつけた白金板が,水素イオンを含む溶液中に半分浸され,溶液と水素ガスと電極とが相接するようになっている。溶液中の水素イオンの活動度が1で,水素ガス分圧が1気圧のときの水素電極を標準水素電極と呼び,酸化還元電位の基準として重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

水素電極

 2H+2e→H2反応を利用した半電池

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいそでんきょく【水素電極 hydrogen electrode】

気体電極の一種で,水素イオンを含む溶液中に,化学的に不活性な電極を挿入し,その表面に水素ガスを通気・接触させた電極系。原理的には図のような構造で,不活性電極としては,2H+2e⇄H2の電極反応(eは電子を表す)が円滑に進行するようなもの(たとえば,白金黒をめっきした白金)を用いる。この電極の平衡電極電位は,溶液のpHや,通気する水素ガスの分圧の関数である。とくに,溶液中の水素イオンの活量が1で,通気する水素ガスの分圧が1気圧のときの水素電極を標準水素電極standard hydrogen electrodeという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいそでんきょく【水素電極】

水素イオンを含む水溶液中に白金黒をめっきした白金電極を浸し、水素ガスを通じたもの。水素イオンの活量が一で、水素ガスの分圧が一気圧であるものを標準水素電極といい、電極電位の基準として用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水素電極
すいそでんきょく
hydrogen electrode

基準電極の一つで、白金電極の下半分を一定濃度の酸に浸し、上半分を水素の気体に接触させてつくったもの。普通、ガラス容器に水素イオンを含む液を入れ、この中によく白金黒(白金の黒色粉末)をつけた白金板を半分挿入し、容器の下部から水素ガスを送って液中に泡として出てくるようにする。このとき水素の圧力をPH2とすると、水素は解離して白金上に吸着し、この吸着水素原子は液中の水素イオン(活動度aH+)と白金の触媒作用により速やかに平衡となる。つまり、

の平衡が成り立ち、25℃でその電位E

となる。PH2=1(気圧),aH+=1としたときを標準水素電極standard hydrogen electrodeといい、その電位EすなわちE0は温度に無関係に0ボルトと約束する。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水素電極の関連キーワード電位‐pH方程式酸化還元指示薬標準電極電位pHメーターリチウム電池カロメル電極堀内 寿郎基準電極堀内寿郎参照電極緩衝溶液電極電位気体電極H2

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水素電極の関連情報