コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達綱村 だて つなむら

2件 の用語解説(伊達綱村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達綱村 だて-つなむら

1659-1719 江戸時代前期の大名。
万治(まんじ)2年3月8日生まれ。伊達綱宗の長男。万治3年2歳で陸奥(むつ)仙台藩主伊達家4代となり,一門の伊達宗勝,田村宗良の後見をうける。寛文11年伊達騒動がおこったが,幕府の裁定で藩領を安堵(あんど)された。人材登用,文武の奨励,産業の振興につとめ,亀岡八幡宮の創建,塩竈(しおがま)神社の修復にあたった。享保(きょうほう)4年6月20日死去。61歳。幼名は亀千代,のち総次郎。前名は綱基。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達綱村

没年:享保4.6.20(1719.8.5)
生年:万治2.3.8(1659.4.29)
江戸時代の仙台藩4代藩主。父は3代藩主綱宗。母は三沢清長の娘初子(浄眼院)。初諱綱基,幼名亀千代。万治3(1660)年2歳で襲封。寛文事件(いわゆる伊達騒動)後親政。延宝3(1675)年初入国(供人数3480人)。学問の興隆,仏教保護(黄檗宗大年寺建立),塩竃神社の修復造営,生母のための釈迦堂の建立,品井沼干拓などに莫大な費用を費やした。藩の正史として残る『伊達治家記録』の編纂を始めたのもこの時期である。元禄16(1703)年一門以下の家臣の要請で致仕。釈迦堂境内に設けた馬場に京都から彼岸桜としだれ桜を1000株取り寄せて植え,士民遊楽の場所とした(榴岡公園)。<著作>『伊達出自世次考』『伊達正統世次考』『如幻三昧内外集』

(齋藤鋭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊達綱村の言及

【伊達騒動】より

…歌舞伎狂言《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》や山本周五郎の小説《樅(もみ)ノ木は残った》等で有名な仙台藩の御家騒動。寛文事件ともいう。1660年(万治3)江戸の小石川堀普請に際する不行跡のとがめにより藩主伊達綱宗は隠居を命じられ,2歳の亀千代(綱村)が襲封した。叔父伊達兵部少輔宗勝,庶兄田村右京宗良がそれぞれ3万石を分知され後見となり,幕府国目付の毎年派遣の下に藩政が行われた。奉行奥山大学常辰が当初権勢をふるったが,兵部(宗勝)は63年(寛文3)これを罷免,幕府老中酒井忠清と姻戚関係を結び,奉行原田甲斐や側近出頭人を重用して一門以下の反対勢力を弾圧,斬罪切腹17名を含む120名余を処分した。…

※「伊達綱村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊達綱村の関連キーワード里見重勝関屋政春相馬尊胤高屋宋甫伊達村候伊達村幸伊達吉村中村日向子々姫山内規重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達綱村の関連情報