コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤人形 ツツミニンギョウ

4件 の用語解説(堤人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【堤人形】

仙台市青葉区堤町産の土人形。堤焼を母体とし、京都の伏見人形などの影響を受けながら洗練された郷土色をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堤人形【つつみにんぎょう】

宮城県仙台市で作られる土人形。堤は生産地の町名。江戸初期に始まるといわれ,浮世絵歌舞伎に取材した優美な姿態のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

つつみにんぎょう【堤人形】

堤焼の人形。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堤人形
つつみにんぎょう

仙台市青葉区堤町産の土人形。江戸の今戸(いまど)人形の製作技法を通じて、京都の伏見(ふしみ)人形の影響を受けているが、浮世絵などからも取材して種類が多い。東北の風土を反映して、暗く沈んだ色調に特徴がある。伏見人形、長崎の古賀人形と並ぶ日本の代表的な土人形とされる。1694年(元禄7)、当時の藩主伊達(だて)綱村が、今戸の陶工を招いて製陶に従事させたのが始まりという。現在製作されているのは四十数種で、天神、熊乗り金時、小野川谷風、鯉(こい)担ぎ、三番叟(さんばそう)などが知られている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堤人形の関連キーワード宮城県仙台市宮城野区岩切宮城県仙台市泉区桂宮城県仙台市太白区鹿野宮城県仙台市青葉区川内宮城県仙台市宮城野区五輪宮城県仙台市太白区富沢宮城県仙台市宮城野区東仙台宮城県仙台市太白区茂ケ崎宮城県仙台市太白区茂庭宮城県仙台市泉区館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone