コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤人形 ツツミニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【堤人形】

仙台市青葉区町産の土人形堤焼母体とし、京都の伏見人形などの影響を受けながら洗練された郷土色をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堤人形【つつみにんぎょう】

宮城県仙台市で作られる土人形。堤は生産地の町名。江戸初期に始まるといわれ,浮世絵歌舞伎に取材した優美な姿態のものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

つつみにんぎょう【堤人形】

堤焼の人形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堤人形
つつみにんぎょう

仙台市青葉区堤町産の土人形。江戸の今戸(いまど)人形の製作技法を通じて、京都の伏見(ふしみ)人形の影響を受けているが、浮世絵などからも取材して種類が多い。東北の風土を反映して、暗く沈んだ色調に特徴がある。伏見人形、長崎の古賀人形と並ぶ日本の代表的な土人形とされる。1694年(元禄7)、当時の藩主伊達(だて)綱村が、今戸の陶工を招いて製陶に従事させたのが始まりという。現在製作されているのは四十数種で、天神、熊乗り金時、小野川谷風、鯉(こい)担ぎ、三番叟(さんばそう)などが知られている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

堤人形[人形・玩具]
つつみにんぎょう

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)頃に武士の手内職から生まれた土人形。江戸時代に絢爛たる発展をみせた歌舞伎や浮世絵などをモチーフに立体化したものといえ、優雅な趣がある。顔料をふんだんに使用し、色彩豊かで鮮やか。能面三番叟雛人形などの純朴な風姿は、評判が高い。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

堤人形の関連キーワード日本のおもな郷土玩具芳賀 佐五郎宮城県仙台市芳賀佐五郎佐藤九平次東北地方花巻人形相良人形瓦人形

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android