コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養生殖 えいようせいしょく vegetative reproduction

6件 の用語解説(栄養生殖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栄養生殖
えいようせいしょく
vegetative reproduction

無性生殖というのとほぼ同義であって,有性生殖を行う生物がそれ以外の変則的な方法で生殖することをさす。天然の栄養生殖の例は,むかご (ヤマノイモオニユリ) によるもの,枝の先端からの芽出によるもの (オリヅルランイチゴ) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいよう‐せいしょく〔エイヤウ‐〕【栄養生殖】

無性生殖の一。主に植物の栄養体の一部が、母体から分離して新個体を形成する生殖法。地下茎むかごを生じてふえるものや、挿し木取り木など人工的に行うものもあり、遺伝的には母体と同一。栄養体生殖栄養繁殖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

栄養生殖【えいようせいしょく】

栄養繁殖ともいう。無性生殖の一種で,多細胞生物の体の一部(生殖器官以外の栄養体)から新個体のつくられることをいう。細菌の二分裂,酵母の出芽,コケ植物の無性芽による増殖,イモ類の塊茎や塊根,オニユリのむかごなどがその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えいようせいしょく【栄養生殖 vegetative reproduction】

栄養繁殖ともいう。無性生殖の一種で栄養体(生物体の生殖器官以外の部分)の一部が母体から離れて独立し,新個体を形成すること,またはその過程。新個体は遺伝的に母体と同一の性質をもつ。細菌植物の二分裂,酵母の出芽,地衣類の粉芽,コケ植物の無性芽による増殖は隠花植物における栄養生殖の例である。また,ジャガイモのいも(塊茎),サツマイモのいも(塊根),オニユリのむかご(珠芽),イチゴ(オランダイチゴ)のつる(走枝)による増殖は被子植物における栄養生殖の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいようせいしょく【栄養生殖】

無性生殖の一。主に植物が生殖器官以外の部分から新しい個体を生ずる現象。根茎・塊茎・むかご、挿し木や取り木などによる繁殖がその例。栄養体生殖。栄養繁殖。栄養増殖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養生殖
えいようせいしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の栄養生殖の言及

【生殖】より


[植物の生殖]
 植物の生殖は,体の一部または無性の生殖細胞である胞子から新しい個体ができる無性生殖と,性的に異なる2種の配偶子が合体する有性生殖の二つに大別される。 栄養体(葉状体,根,茎など)の一部から新しい個体の生まれる栄養生殖は無性生殖の一つであり,例えばオニユリやヤマノイモなどの側芽は多肉化して〈むかご〉になる。また,ジャガイモ,キクイモなどでは塊茎から,ワラビ,ササ,タケなどでは地下茎から,ベゴニア,コモチシダなどでは葉の不定芽から新しい個体がつくられる。…

※「栄養生殖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栄養生殖の関連キーワード生殖無性生殖生殖細胞栄養体栄養繁殖両性生殖独立栄養体臨床栄養栄養系栄養繁殖作物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone