墨壺・墨斗(読み)すみつぼ

精選版 日本国語大辞典 「墨壺・墨斗」の意味・読み・例文・類語

すみ‐つぼ【墨壺・墨斗】

〘名〙
大工道具の一つで、線を引くのに用いるもの。木をえぐって墨池とし、この中に墨汁を含ませた真綿を入れる。糸巻車から繰り出される糸は墨池の中を通り、墨汁が糸にしみこむようになっている。糸の先に猿子(さるこ)または仮子(かりこ)と呼ぶ小さい錐(きり)がついており、この錐を加工材にさし、糸をぴんとはってはじいて直線を引く。また、上からつるして垂直を見る。墨入れ。すつぼ。すみつも。〔十巻本和名抄(934頃)〕
浄瑠璃出世景清(1685)一「四海泰平民安全と、祝ひこめたるすみつぼの、糸の直(すぐ)なる国なれば」
② 墨汁を入れる壺。墨汁を入れて携帯する容器
※会友大旨(1773)ト「また潔白なることは、墨壺(スミツボ)うちへつけてもちっともよごれもせぬものなりと」

すみ‐つも【墨壺・墨斗】

〘名〙 =すみつぼ(墨壺)①〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android