コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売船 ばいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売船
ばいせん

(1) 船主が自己の資本で低価格の商品を買入れ,高価格で売れる土地へ運送して利益をあげる廻船,つまり買積 (かいづみ) 経営の廻船を運賃積経営の廻船に対して呼んだもの。江戸時代後期から明治にかけて北海道産のニシンを内地へ輸送し販売して莫大な利益をあげた,いわゆる北前船はその代表的なものである。 (2) 江戸時代,造船の中心地だった大坂で,注文なしに建造して売りに出した船をいったが,この場合は多くは売り船と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

売船の関連キーワード大船建造の禁くらわんか日新丸海運蠣船伏木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android