コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国人研修制度 がいこくじんけんしゅうせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国人研修制度
がいこくじんけんしゅうせいど

海外合弁企業および年 10億円以上の取引実績のある企業から日本企業の技術や商慣習を学ぶために外国人が滞在することを認めている制度改正入管法に基づき,滞日期間は1年以内で,3年間まで更新できる。政府は技術移転を進めるため外国人研修生の受け入れに積極的で,労働省も 1989年度に「海外青年技能研修計画」を創設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国人研修制度

日本の技術や技能を習得し、母国の経済発展に役立てるため、途上国の外国人を日本の企業が受け入れる制度。90年の入管法改正で在留資格として新設された。93年には「技能実習」制度が追加された。1年間の研修を終えて技能検定に合格すれば、技能実習生として企業と雇用契約を結ぶことができる。現在は研修の1年と合わせ最長3年間、日本に滞在できる。研修には、実際に作業にあたる「実務研修」と、日本語や生活習慣を学ぶ「非実務研修」があり、1年間の研修時間の3分の1程度を非実務研修にあてることが義務づけられている。

(2007-05-06 朝日新聞 朝刊 大阪島根全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人材マネジメント用語集の解説

外国人研修制度

・人事評価時に評価者が陥りやすいエラーで、評価期間全ての事象(業績や態度、行動等)を評価の対象にするのではなく、期末(評価結果が評価を実施するタイミング
に近い時点)の事象が強く印象に残り、評価結果に影響する傾向を指す。
・評価対象期間が半年、一年など長期になる場合に起こりやすい。原因としては、被評価者を評価するための情報が少なすぎるため(適切に評価出来なくて)に、直近
事象をもって評価してしまうことなどが考えられる。
期末効果は、人事評価時における正当な評価との乖離を意味し、人事評価時に評価者が留意する事項の一つとして捉えられている。
・期末効果の予防策としては、部下の行動や実績に関する事象を、日ごろから書き溜められるチェックツールを作成し、活用することである。また、半年、1年の長期間
の評価期間の間に、中間評価を挟み刻むことで事実に即した評価を図ることなどが考えられる。
・尚、類似する効果で直近効果が存在する。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

外国人研修制度の関連キーワード日本の外国人政策海外合弁企業

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android