外記政(読み)げきせい

世界大百科事典 第2版の解説

げきせい【外記政】

宮中政務の一つ。外記の庁に大臣以下の公卿が参集し,諸司申文をみる。毎月5日の休日(6,12,18,24,晦日)を除き毎日行う。儀式の次第等は《西宮記》《北山抄》《江家次第》に記されている。897年(寛平9)宇多天皇譲位に当たり藤原時平と菅原道真の両名を内覧とし,奏宣事項の指示をゆだねたため,公卿らが外記政に出席しなくなり,政務に停滞が生じたとか,901年(延喜1)に公卿や外記が病などで不参のため,10日間も外記政が行われなかったこともあるが,古来この例なしと記されているごとく,これら特殊な例を除くと,平安初期には主要な政務の一つであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android