コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外記政 げきせい

世界大百科事典 第2版の解説

げきせい【外記政】

宮中政務の一つ。外記の庁に大臣以下の公卿が参集し,諸司の申文をみる儀。毎月5日の休日(6,12,18,24,晦日)を除き毎日行う。儀式の次第等は《西宮記》《北山抄》《江家次第》に詳記されている。897年(寛平9)宇多天皇譲位に当たり藤原時平菅原道真の両名を内覧とし,奏宣事項の指示をゆだねたため,公卿らが外記政に出席しなくなり,政務に停滞が生じたとか,901年(延喜1)に公卿や外記が病などで不参のため,10日間も外記政が行われなかったこともあるが,古来この例なしと記されているごとく,これら特殊な例を除くと,平安初期には主要な政務の一つであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外記政の関連キーワード太政官(だいじょうかん)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android