コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外記政 げきせい

1件 の用語解説(外記政の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げきせい【外記政】

宮中政務の一つ。外記の庁に大臣以下の公卿が参集し,諸司の申文をみる儀。毎月5日の休日(6,12,18,24,晦日)を除き毎日行う。儀式の次第等は《西宮記》《北山抄》《江家次第》に詳記されている。897年(寛平9)宇多天皇が譲位に当たり藤原時平菅原道真の両名を内覧とし,奏宣事項の指示をゆだねたため,公卿らが外記政に出席しなくなり,政務に停滞が生じたとか,901年(延喜1)に公卿や外記が病などで不参のため,10日間も外記政が行われなかったこともあるが,古来この例なしと記されているごとく,これら特殊な例を除くと,平安初期には主要な政務の一つであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外記政の関連キーワード政務次官政務官大臣政務官公卿給地下の公卿少外記陣の座臨時客外記局外記の政始

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone