コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々羅文雅 たたら ぶんが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多々羅文雅 たたら-ぶんが

1820-1895 江戸後期-明治時代の僧。
文政3年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩の満願寺で得度し,天保(てんぽう)9年讃岐(さぬき)(香川県)小豆島の阿弥陀寺住持となる。荒廃した同寺を復興し,また土地の開墾,公共建造物の建設などにつくした。明治28年4月28日死去。76歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多々羅文雅の関連キーワード明治時代森 遷

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android