多景島(読み)たけしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多景島
たけしま

滋賀県の琵琶(びわ)湖上に浮かぶ小島。周囲約600メートル。斑(はん)岩類からなり、竹島、武島とも書く。彦根(ひこね)市八坂(はつさか)町に属し、市街地の約6.5キロメートルの湖上にある。1655年(明暦1)日請上人がつくり、霊夢山見塔寺と称した石塔がある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android