コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖国定公園 びわここくていこうえん

6件 の用語解説(琵琶湖国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琵琶湖国定公園
びわここくていこうえん

滋賀県京都府に広がり,琵琶湖を中心として,伊吹山霊仙山賤ヶ岳三国山,比良連山から比叡山に続く山々と宇治川一帯の自然公園。面積 976.01km2。1950年指定。琵琶湖南部には江戸時代から有名な景勝地が多く,近江八景と呼ばれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

びわこ‐こくていこうえん〔ビハココクテイコウヱン〕【琵琶湖国定公園】

琵琶湖を中心とする国定公園。滋賀県から京都府にまたがり、昭和25年(1950)日本最初の国定公園に指定。比叡山(ひえいざん)比良山余呉湖(よごのうみ)伊吹山宇治川流域などを含む。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

琵琶湖国定公園【びわここくていこうえん】

滋賀県と京都府にまたがり琵琶湖を中心とする国定公園。面積976.72km2。1950年指定。琵琶湖の好展望地である東岸の伊吹山,観音寺山,西岸の比良山地をはじめ,北部の余呉湖賤ヶ岳,湖上の竹生島や沖島,比叡山瀬田川宇治川の流域を含む。
→関連項目安土[町]大津[市]木之本[町]草津[市]志賀[町]高月[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

びわここくていこうえん【琵琶湖国定公園】

滋賀県と京都府にまたがる国定公園。琵琶湖を中心に比良山地・比叡山などを含む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕琵琶湖国定公園(びわここくていこうえん)


滋賀県中央部、琵琶湖を中心とする国定公園。一部京都府にまたがる。琵琶湖全域のほか、伊吹(いぶき)山・余呉(よご)湖・賎ヶ(しずが)岳・比良(ひら)山地・比叡(ひえい)山・宇治(うじ)川一帯を含む。面積9万7601ha。1950年(昭和25)に指定された日本最初の国定公園。近江(おうみ)八景・琵琶湖八景と称される景勝地に恵まれる。延暦(えんりゃく)寺・三井(みい)寺・平等(びょうどう)院などの古社寺は1994年(平成6)に登録された世界遺産文化遺産)「古都京都の文化財」に含まれる。水泳、ヨットボート遊びやハイキング客でにぎわう近畿圏の行楽地でもある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琵琶湖国定公園
びわここくていこうえん

琵琶湖を中心とし、滋賀県、京都府に広がる国定公園。1950年(昭和25)日本最初の国定公園として指定された。琵琶湖全域のほか、それを取り巻く比叡(ひえい)山、比良(ひら)連山、余呉(よご)湖、賤(しず)ヶ岳、伊吹(いぶき)山、霊仙(りょうせん)山、三国(みくに)山、宇治川流域などを含み、面積は976.72平方キロメートルに及ぶ。国定公園の指定に伴って、従来の近江(おうみ)八景に加えて、新たに琵琶湖八景(夕陽―瀬田(せた)石山の清流、煙雨―比叡の樹林、涼風―雄松崎(おまつざき)の白汀(はくてい)、暁霧(ぎょうむ)―海津大崎の岩礁、新雪―賤ヶ岳の大観、月明―彦根(ひこね)の古城、春色―安土八幡(あづちはちまん)の水郷、深緑―竹生(ちくぶ)島の沈影)も選定されている。公園内にはさまざまな特色をもつ自然景観のほか、多くの歴史的景観や文化財があり、70か所以上もの著名な観光地がある。県の調査によれば年間3500万人以上の観光客が訪れるといい、水泳、ヨット、登山、スキーなどのスポーツ、レジャーの利用も多い。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琵琶湖国定公園の関連情報