コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖国定公園 びわここくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琵琶湖国定公園
びわここくていこうえん

滋賀県京都府に広がり,琵琶湖を中心として,伊吹山霊仙山賤ヶ岳,三国山,比良連山から比叡山に続く山々と宇治川一帯の自然公園。面積 976.01km2。1950年指定。琵琶湖南部には江戸時代から有名な景勝地が多く,近江八景と呼ばれていた。今日では拡大選定され,瀬田石山の清流,比叡の樹林,弁財天をまつる竹生島の沈影などが琵琶湖八景と呼ばれている。琵琶湖は面積 670.3km2,古くから風光明媚の景勝地として親しまれ,湖には竹生島,多景島沖島などがある。比叡山は伝教大師最澄の開いた延暦寺のあるところで,スギ,ヒノキの老木に包まれて静寂な境内は,野鳥の多いことでも知られている。そのほか,関ヶ原,賤ヶ岳の古戦場跡,彦根城安土城園城寺三井寺),石山寺平等院などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

琵琶湖国定公園【びわここくていこうえん】

滋賀県と京都府にまたがり琵琶湖を中心とする国定公園。面積976.72km2。1950年指定。琵琶湖の好展望地である東岸の伊吹山,観音寺山,西岸の比良山地をはじめ,北部の余呉湖賤ヶ岳,湖上の竹生島や沖島,比叡山,瀬田川や宇治川の流域を含む。
→関連項目安土[町]大津[市]木之本[町]草津[市]志賀[町]高月[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びわここくていこうえん【琵琶湖国定公園】

滋賀県と京都府にまたがる国定公園。琵琶湖を中心に比良山地・比叡山などを含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕琵琶湖国定公園(びわここくていこうえん)


滋賀県中央部、琵琶湖を中心とする国定公園。一部京都府にまたがる。琵琶湖全域のほか、伊吹(いぶき)山・余呉(よご)湖・賎ヶ(しずが)岳・比良(ひら)山地・比叡(ひえい)山・宇治(うじ)川一帯を含む。面積9万7601ha。1950年(昭和25)に指定された日本最初の国定公園。近江(おうみ)八景・琵琶湖八景と称される景勝地に恵まれる。延暦(えんりゃく)寺・三井(みい)寺・平等(びょうどう)院などの古社寺は1994年(平成6)に登録された世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」に含まれる。水泳、ヨット・ボート遊びやハイキング客でにぎわう近畿圏行楽地でもある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琵琶湖国定公園
びわここくていこうえん

琵琶湖を中心とし、滋賀県、京都府に広がる国定公園。1950年(昭和25)日本最初の国定公園として指定された。琵琶湖全域のほか、それを取り巻く比叡(ひえい)山、比良(ひら)連山、余呉(よご)湖、賤(しず)ヶ岳、伊吹(いぶき)山、霊仙(りょうせん)山、三国(みくに)山、宇治川流域などを含み、面積は976.72平方キロメートルに及ぶ。国定公園の指定に伴って、従来の近江(おうみ)八景に加えて、新たに琵琶湖八景(夕陽―瀬田(せた)石山の清流、煙雨―比叡の樹林、涼風―雄松崎(おまつざき)の白汀(はくてい)、暁霧(ぎょうむ)―海津大崎の岩礁、新雪―賤ヶ岳の大観、月明―彦根(ひこね)の古城、春色―安土八幡(あづちはちまん)の水郷、深緑―竹生(ちくぶ)島の沈影)も選定されている。公園内にはさまざまな特色をもつ自然景観のほか、多くの歴史的景観や文化財があり、70か所以上もの著名な観光地がある。県の調査によれば年間3500万人以上の観光客が訪れるといい、水泳、ヨット、登山、スキーなどのスポーツ、レジャーの利用も多い。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

琵琶湖国定公園の関連キーワード滋賀県立琵琶湖博物館近江八景(美術)休暇村近江八幡滋賀県野洲市滋賀県彦根市宇治川ライン滋賀県守山市志賀[町]雄琴温泉武奈ヶ岳武奈ヶ嶽日吉大社賎ヶ岳西浅井木之本雄松崎今津延暦大崎余呉

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琵琶湖国定公園の関連情報