コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八坂(読み)やさか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八坂
やさか

長野県北西部,大町市東部の旧村域。筑摩山地西部,犀川西岸にある。 1875年近隣の8ヵ村が合体して八坂村が成立。 1957年広津村の一部を編入。 2006年大町市に編入。犀川が谷を刻んで流れ,集落は山腹の緩傾斜地に分布。米作と野菜,花卉などの栽培を行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やさか【八坂】

京都市東山区、八坂神社一帯の地名。近世から花街として知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八坂
やさか

長野県北部、北安曇(きたあずみ)郡にあった旧村名(八坂村(むら))。現在は大町(おおまち)市の東端部を占める。旧八坂村は2006年(平成18)大町市に編入。犀(さい)川左岸に臨む。筑摩(ちくま)山地北部は犀川丘陵ともよばれ、犀川が深い侵食谷をつくるが、旧村域は侵食谷の急傾斜地にあり、平地はほとんどない。地名も坂や起伏の多い地形によるものであろう。水田は少なく、集落や畑地は斜面に点在する。国道19号が犀川に沿って走るが、道路まで出るのが不便な地区が多い。ソバや野菜の栽培を中心とする農業村。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八坂の関連情報