コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八坂 やさか

4件 の用語解説(八坂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八坂
やさか

長野県北西部,大町市東部の旧村域。筑摩山地西部,犀川西岸にある。 1875年近隣の8ヵ村が合体して八坂村が成立。 1957年広津村の一部を編入。 2006年大町市に編入。犀川が谷を刻んで流れ,集落は山腹の緩傾斜地に分布。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やさか【八坂】

京都市東山区祇園(ぎおん)町の、八坂神社のある辺りの称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やさか【八坂】

京都市東山区、八坂神社一帯の地名。近世から花街として知られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八坂
やさか

長野県北部、北安曇(きたあずみ)郡にあった旧村名(八坂村(むら))。現在は大町(おおまち)市の東端部を占める。旧八坂村は2006年(平成18)大町市に編入。犀(さい)川左岸に臨む。筑摩(ちくま)山地北部は犀川丘陵ともよばれ、犀川が深い侵食谷をつくるが、旧村域は侵食谷の急傾斜地にあり、平地はほとんどない。地名も坂や起伏の多い地形によるものであろう。水田は少なく、集落や畑地は斜面に点在する。国道19号が犀川に沿って走るが、道路まで出るのが不便な地区が多い。ソバや野菜の栽培を中心とする農業村。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八坂の関連キーワード長野県大町市大町長野県北安曇郡長野県大町市平長野県松本市筑摩長野県大町市常盤長野県大町市美麻長野県大町市八坂八坂〈村〉長野県大町市八坂菖蒲長野県大町市社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八坂の関連情報