大コロンビア(読み)だいコロンビア(英語表記)Gran Colombia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大コロンビア
だいコロンビア
Gran Colombia

1819~30年南アメリカ北部に成立した短命の共和国。 19世紀初頭のスペインからの独立戦争は,独立派の内部抗争などのため一進一退であったが,19年8月 S.ボリバルの率いる革命軍がスペイン軍主力を破ってボゴタを占領。同年末,各派領袖がアンゴストゥラ (現ボリバル) に参集,当時のヌエバグラナダ副王領,ベネズエラ総督領,エクアドルを一丸とする国家形成に合意,ボリバルを大統領兼最高司令官に選出し,大コロンビア共和国の創設を宣言した。 21年ククタで制憲会議を開き,正式に共和国が生れ,ボリバルが大統領に選ばれた。しかし独立戦争終焉とともに内部抗争が再燃,ボリバルの指導力も低下して,29年 11月ベネズエラが,30年9月にエクアドルが分離独立,31年残部 (現コロンビア,パナマ) はヌエバグラナダと国名を変え,大コロンビア共和国は解体した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大コロンビアの関連情報