大コロンビア(読み)だいコロンビア(英語表記)Gran Colombia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1819~30年南アメリカ北部に成立した短命の共和国。 19世紀初頭のスペインからの独立戦争は,独立派の内部抗争などのため一進一退であったが,19年8月 S.ボリバルの率いる革命軍がスペイン軍主力を破ってボゴタ占領。同年末,各派領袖がアンゴストゥラ (現ボリバル) に参集,当時のヌエバグラナダ副王領,ベネズエラ総督領,エクアドル一丸とする国家形成に合意,ボリバルを大統領兼最高司令官に選出し,大コロンビア共和国の創設を宣言した。 21年ククタで制憲会議を開き,正式に共和国が生れ,ボリバルが大統領に選ばれた。しかし独立戦争終焉とともに内部抗争が再燃,ボリバルの指導力も低下して,29年 11月ベネズエラが,30年9月にエクアドルが分離独立,31年残部 (現コロンビアパナマ) はヌエバグラナダと国名を変え,大コロンビア共和国は解体した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大コロンビアの関連情報