コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏宗宣 おさらぎむねのぶ

3件 の用語解説(大仏宗宣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大仏宗宣
おさらぎむねのぶ

[生]正元1(1259)
[没]正和1(1312).6.12.
鎌倉時代後期の武将。宣時の子。応長1 (1311) 年 10月3日から正和1 (12) 年5月 29日まで鎌倉幕府 11代執権。弘安9 (1286) 年6月引付衆,翌年 10月評定衆,正応1 (88) 年上野介,永仁4 (96) 年四番引付頭,同5年六波羅南方,正安1 (99) 年陸奥守,嘉元3 (1305) 年連署を経て,応長1年執権に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏宗宣 おさらぎ-むねのぶ

1259-1312 鎌倉時代の武将。
正元(しょうげん)元年生まれ。大仏(北条)宣時の長男。母は北条時広の娘。評定衆,越訴(おっそ)奉行,小侍奉行などをへて,永仁(えいにん)5年六波羅(ろくはら)探題南方。嘉元(かげん)3年連署。応長元年鎌倉幕府11代執権となる。歌が「新後撰(ごせん)和歌集」以下の勅撰集に27首のる。正和(しょうわ)元年6月12日死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大仏宗宣

没年:正和1.6.12(1312.7.16)
生年:正元1(1259)
鎌倉後期の幕府執権。大仏宣時と北条時広の娘の子。北条宗宣ともいう。弘安5(1282)年従五位下,同9年引付衆,翌年評定衆となる。正応1(1288)年上野介,永仁1(1293)年越訴奉行,小侍奉行,執奏などを経て,同4年四番引付頭,次いで寄合衆(幕政会議である寄合の構成員)となる。翌年六波羅探題南方に任じて上洛,乾元1(1302)年正月鎌倉に帰ったが,その間に陸奥守となった。鎌倉に帰ってから一番引付頭,官途奉行,越訴奉行などを務め,嘉元3(1305)年執権北条師時の連署となり,応長1(1311)年10月執権に就任したが,正和1(1312)年5月病を得て辞任,出家した。法名は順昭といった。

(新田英治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏宗宣の関連キーワード赤橋守時北条大仏朝直大仏宣時長井泰秀北条時範北条時広北条宣時北条師時和気清成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone