大入り袋(読み)おおいりぶくろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大入り袋
おおいりぶくろ

成績や業績がよかったときに配られる祝儀。相撲社会では本場所中に「満員御礼」の垂れ幕が天井から下がると,日本相撲協会,あるいは主催者から,年寄,十両以上の力士,その他関係者に「大入り袋」が渡される。赤地白抜きで「大入り」と書かれた,天地 15cm強,左右 10cm弱の

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおいり‐ぶくろ〔おほいり‐〕【大入り袋】

興行場などで、客が大入りのとき、関係者に慰労と祝儀を兼ねて出すお金を入れた袋。表に「大入」と記す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおいりぶくろ【大入り袋】

劇場・商店などで、客が大勢集まったり、営業成績がよかったりした時、従業員に出す祝儀。「大入」と書いた袋に入れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大入り袋の関連情報