コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原重明 おおはら しげあきら

3件 の用語解説(大原重明の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大原重明

雅楽家。伯爵大原重朝の子。東京帝大卒。昭和36年(1961)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原重明 おおはら-しげあきら

1883-1961 明治-昭和時代の雅楽家。
明治16年12月3日生まれ。大原重朝の子。神楽歌などの宮廷歌曲(郢曲(えいきょく))を伝承した。明治42年宮内省歌御会講頌(こうしょう)御人数となり,以後昭和25年の歌会始まで,発声役をつとめた。貴族院議員。昭和36年2月20日死去。77歳。東京帝大卒。著作に「歌会の作法」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大原重明

没年:昭和36.2.20(1961)
生年:明治16.12.3(1883)
明治から昭和にかけての雅楽奏者。神楽歌,披講など宮廷歌曲(郢曲)の伝承者。今日宮中の歌会始で歌われる歌披講や雅楽歌曲の演奏と教習に貢献した。宇多源氏庭田家の分流で,代々御神楽の儀式での歌唱を家業とした。郢曲を綾小路有良に,箏と琵琶を豊原喜秋に,篳篥を安倍季節に学ぶ。明治42(1909)年,宮内省歌御会講頌御人数に任ぜられてから,昭和25(1950)年の歌会始まで,ほぼ毎年歌披講の講頌や発声の役を勤めた。『歌会の作法』(1927)を著す。ほかに「雅楽執業抄」「孝明天皇と雅楽」の稿がある。

(蒲生美津子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原重明の関連キーワード上田耕甫神楽歌今様歌唐行き旧帝大小杉放菴ガラス乾板上真節荻江ひさ豊原喜秋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone