郢曲(読み)えいきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郢曲
えいきょく

日本音楽の種目名。平安時代後期から鎌倉時代にかけて行われた歌謡歌曲の総称。郢とは中国春秋時代の楚の都で歌われた卑俗な歌曲の意。日本では,神楽歌 (かぐらうた) ,催馬楽 (さいばら) ,風俗歌朗詠をいったが,のちには今様 (いまよう) および雑芸 (ぞうげい) などをまとめていう場合に用いられ,狭義には,朗詠または雑芸中で宴曲ともいわれる早歌 (そうが) だけをいうこともあり,また,五節の淵酔に歌われたものを「五節間郢曲」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えい‐きょく【×郢曲】

中国の春秋時代、楚(そ)の都、郢で歌われた卑俗な歌曲。転じて、はやり歌。俗曲。
平安から鎌倉初期の歌謡の総称。平安初期には神楽歌催馬楽(さいばら)風俗歌朗詠をさし、中期に今様、後期に雑芸(ぞうげい)、鎌倉期に宴曲が加えられた。狭義には、朗詠または宴曲をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えいきょく【郢曲】

平安,鎌倉,室町期の歌い物の総称。詠曲とも書く。平安初期には神楽歌,催馬楽(さいばら),風俗(ふぞく)歌,朗詠の雅楽系歌曲を指し,中期以降は,今様,雑芸(ぞうげい)の類も加えられ,鎌倉時代にはさらに早歌(そうが)も加えられた。狭義には朗詠または早歌を指す。〈歌〉本位の,いわゆる旋律的に歌われる声曲を,多少謙譲の意味をこめて,ひらたく言うときに使う用語と思われる。上記の時代に成立,発展した声曲であっても,久米歌東遊など祭祀用歌舞や仏教儀式における声明(しようみよう),語り物平曲猿楽などのように,歌以外のものと深くかかわった声曲は,含まれない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいきょく【郢曲】

〔中国の春秋時代、楚の都である郢の人が歌った俗曲の意〕 流行歌曲。はやり歌。俗曲。
催馬楽さいばら・風俗歌ふぞくうた・朗詠・今様いまようなど、中古・中世の歌謡類の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郢曲
えいきょく

平安時代から鎌倉時代にかけて行われた歌謡の種目、またはその総称。語源は、中国の春秋時代に楚(そ)の国の都、郢(えい)ではやった卑俗な歌謡の意。平安初期には朗詠、催馬楽(さいばら)、神楽歌(かぐらうた)、風俗歌(ふぞくうた)など宮廷歌謡の総称であったが、平安中期には今様歌(いまよううた)、末期からは神歌(かみうた)、足柄(あしがら)、片下(かたおろし)、古柳(こやなぎ)、沙羅林(さらのはやし)などの雑芸(ぞうげい)も包括し広義に及んだ。狭義には朗詠のみをさし、また別に鎌倉時代の早歌(そうが)(別名宴曲(えんきょく))を示すこともある。『徒然草(つれづれぐさ)』に「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)の郢曲の詞」とあるのは当時の雑芸をさす。これは後白河(ごしらかわ)法皇の撰(せん)と思われる『郢曲抄』が別名『梁塵秘抄巻十一』とも称されるためである。五節(ごせち)の殿上淵酔(てんじょうえんずい)で歌われた朗詠、今様、雑芸などをとくに『五節間郢曲』と称し、鎌倉時代の早歌と結んで貴族の宴席で愛好された。郢曲を伝承する家には敦実(あつざね)親王・源雅信(まさのぶ)を祖とする源家(げんけ)、藤原師長(もろなが)・源博雅を祖とする藤家(とうけ)の2家があったが、室町中期に藤家は絶え、いまは源家の流れの綾小路(あやのこうじ)家が命脈を保つ。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android