歌会始(読み)うたかいはじめ

  • うたかいはじめ うたクヮイ‥
  • うたかいはじめ〔うたクワイ〕

知恵蔵の解説

共通の題で歌を詠んで披講する会を歌会といい、宮中では奈良・平安の時代から様々な機会に催され、天皇が年の始めに催す会が歌御会始(うたごかいはじめ)と呼ばれた。江戸末期に一時絶えたが、1869(明治2)年に復興、1874年に一般の詠進が認められ、1879年から一般からの優れた歌も披講されるようになった。毎年お題が決められて歌が公募され、1月中旬に預選者(入選者)が天皇、皇族と共に宮殿「松の間」に出席。入選者、選者、特に指命された召人(めしうど)、皇族、天皇の順に披講される。まず講師(こうじ)が読み上げ、発声(はっせい)が初句を節をつけて歌い、二句以下を講頌(こうしょう)4人が加わって歌い上げる。

(岩井克己 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

毎年1月中旬宮中で天皇・皇后以下皇族の和歌と一般国民からの詠進歌を披露する新年行事。現行の歌会始は1869年に始まり,1874年から一般の詠進が許され,選歌,披講は1879年から。年初歌題が発表され,1947年御歌所廃止後は歌会始詠進歌委員会の手で運営されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

宮中で催されたその年最初の歌会のこと。古くは御会始などとも称し,正月に催されるとは限らなかった。現在では毎年正月に催される〈御歌会始め〉のことをいう。藤原定家が《明月記》の建仁2年(1202)正月13日のに記したのが記録上の初見。新年の制になったのは1483年(文明15)以降のことである。近代のは1869年(明治2)正月24日,小御所で行われたのが始まりで,1874年に一般の詠進がみとめられ,79年,選ばれた作を天皇の前で披講する形ができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禁裏和歌御会始(きんりわかごかいはじめ)として、すでに14世紀なかば(南北朝時代)の公卿(くぎょう)日記に記されているが、その始めは明らかでない。歌会が行事化され、宮中、公卿家などにおいて毎月行われる月次(つきなみ)歌会が普遍化した時代に、その年に初めて催される正月の月次歌会を御会始(ごかいはじめ)(宮中)、会始(公卿家など)とよぶようになったのであろう。天皇出席のもとに宮中で行われる和歌御会始については、14世紀後半には、出題・読師(とくじ)(詠歌を整理し、講師(こうじ)に渡す)・講師(歌を読みあげる)・講頌(こうしょう)(講師の読みあげたあと合唱する)などの諸役、参仕の人の範囲、当日の施設・服装・式次第などが定まり、これを故実として江戸末期まで続いた。

 現行の歌会始は、古式に準じて1869年(明治2)正月以来毎年行われるのが例である。72年に一般国民の詠進が許され、79年から撰歌(せんか)の制度がつくられた。1946年(昭和21)までは宮内省御歌所(おうたどころ)の寄人(よりゅうど)が撰歌にあたったが、その年御歌所が廃止となり、翌年からは民間歌人5名前後が臨時に撰者となるようになった。天皇御製、皇后・成年皇族の御歌のほか、各界からの召歌(めしうた)1名、一般からの撰歌は10首前後、62年からはほかに10首余りの佳作歌も公表される。翌年の御題は当年の歌会始当日に公示され、詠進歌は平均3万余首に及び、在外邦人・外国人の詠進も多い。年内に撰歌され、御会は正月10日前後、天皇・皇后臨席のもとに預撰者も列席し、古式に準じ、預撰歌、撰者歌、召歌、皇族、皇太子妃、皇太子、皇后、御製の順に披講される。

[橋本不美男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌会始の関連情報