大塚武松(読み)おおつかたけまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塚武松
おおつかたけまつ

[生]1878.8.2. 岩国
[没]1946.12.5. 東京
大正,昭和の歴史学者。 1903年東京大学文科大学史学科卒業。文部省の維新史料編纂官。文部省より欧米各国に留学を命じられ,幕末外交の貴重史料を採訪遺稿に『幕末外交史の研究』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚武松 おおつか-たけまつ

1878-1946 明治-昭和時代前期の日本史学者。
明治11年8月2日生まれ。外務省の「大日本外交文書」の編集にたずさわったのち,大正6年文部省の維新史料編纂会(へんさんかい)編纂官となり,「概観維新史」の執筆の中心となった。昭和15年上智大教授。昭和21年12月5日死去。69歳。山口県出身。東京帝大卒。著作に「幕末外交史の研究」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android