大山 幸太郎(読み)オオヤマ コウタロウ

20世紀日本人名事典「大山 幸太郎」の解説

大山 幸太郎
オオヤマ コウタロウ

明治〜昭和期の教育者,哲学者 秋田師範学校講師。



生年
明治6年6月8日(1873年)

没年
昭和42(1967)年7月28日

出生地
秋田県弁天村(現・湯沢市)

旧姓(旧名)
須田

学歴〔年〕
秋田師範学校卒

経歴
横堀小学校の教員となり、全国で初の父兄会を開く。のち上京し、巣鴨の東福寺で4年に渡って独学。この間、アメリカ帰りのキリスト教徒新井奥邃の知遇を得、その影響で平和主義を唱導するようになった。大正3年文部省に入り、4年より9年間ドイツに留学。帰国後は母校秋田師範学校で教鞭を執りながら著述に没頭し、文化科学の研究と普及に一生をかけた。「真人」の語を造ったことでも知られる。没後、教え子たちにより、真人学会が結成された。著書に「日本教育行政論」「絶対運命の精神」「文化科学原理」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android