コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島有隣 おおしまうりん

3件 の用語解説(大島有隣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島有隣
おおしまうりん

[生]宝暦5(1755).武蔵
[没]天保7(1836).10.22. 江戸
江戸時代後期の心学者。名は義展,通称幸右衛門。生家は代々名主。初め中沢道二に師事し心学を学ぶ。これを契機に天明5 (1785) 年同郷の友人とともに郷里北葛飾郡大島に恭倹舎を創設し,学問流布に努める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島有隣 おおしま-うりん

1755-1836 江戸時代中期-後期の心学者。
宝暦5年生まれ。中沢道二(どうに)に心学をまなぶ。天明5年に恭倹舎を設立。江戸神田の参前舎,四谷の盍簪舎(こうしんしゃ)を再建,復興させた。中国地方でおしえたあと,江戸人足寄場の教諭方をつとめた。天保(てんぽう)7年10月22日死去。82歳。武蔵(むさし)葛飾郡大島村(埼玉県)出身。名は義展。通称は幸右衛門。著作に「心学和合歌」「心学心得艸」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大島有隣

没年:天保7.10.22(1836.11.30)
生年:宝暦5(1755)
江戸中・後期の心学者。下総国葛飾郡高野村(埼玉県杉戸町)の名主の子。名は義展,通称幸右衛門。24歳で中沢道二に入門し心学を学ぶ。天明5(1785)年同郷の有志関口保宣,藤城吉右衛門らと村内に講舎恭倹舎を創設し,文化3(1806)年江戸神田の参前舎を類焼後再興し,8年後四谷の盍簪舎を復興,その舎主となる。9年より7年間,津和野,広島など中国地方を講話してまわる。さらに文政2(1819)年以降18年間,松平定信が設置した江戸人足寄場の教諭方を勤める。<著作>『心学和合歌』『心学心得草』<参考文献>石川謙『石門心学の研究』,同『近世日本社会教育史の研究』

(渡辺弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大島有隣の関連キーワード葛西葛飾埼玉県北葛飾郡杉戸町才羽埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野埼玉県北葛飾郡杉戸町埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台西埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台東埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台南埼玉県北葛飾郡松伏町田中平野橘翁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone