コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島流 オオシマリュウ

3件 の用語解説(大島流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおしま‐りゅう〔おほしまリウ〕【大島流】

江戸初期に、大島伴六吉綱(ばんろくよしつな)が始めた槍術(そうじゅつ)の一派。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島流
おおしまりゅう

近世槍術(そうじゅつ)(素槍(すやり))の一流派。流祖は大島伴六吉綱(よしつな)(1588―1657)。吉綱は幼少より槍術を好み、諸国を歴遊して槍法を究め、加賀の前田利長(としなが)に仕えた。大坂夏の陣に加賀勢が城中に攻め入った際、奮戦中に敵弾を足に受けて重傷を負い、前田家を退身し浪人した。のち1633年(寛永10)46歳のとき、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)の推挙で紀州の徳川頼宣(よりのぶ)に仕え、知行(ちぎょう)300石、諸役御免、大番組に編入され、家中に槍術を指南した。同36年750石に進み、柄の定寸1丈1尺8寸(約3.6メートル)、銀杏穂(ぎんなんほ)の槍をもって天下に名をはせた。門人に戸塚五左衛門勝政(戸塚流の祖)、高田八左衛門、奥野伴五郎らがある。次男の雲平常久(うんぺいつねひさ)(号草庵(そうあん)、1623―96)が父の業を継いで、さらに精妙さを加えた。門人も多かったが、なかでも種田平馬正幸(たねだへいままさゆき)(種田流の祖)、土屋立右衛門(のち大島以心典朗(いしんのりあき))らが傑出していた。なお、常久の系統を草庵流、父伴六の系統を大島古流という。[渡邉一郎]
『『南紀徳川史 第1冊』(1931・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大島流の関連情報